手根管症候群とは

主な症状

手根管症候群とは、手の神経が圧迫をうけることで生じる病気です。手には3本の大きな神経がありますが、手の真ん中を通る神経を正中神経といいます。もともとこの神経は手首の手のひらの部位で骨と靭帯に囲まれたトンネルを通っていきます。この限られた空間で慢性的な圧迫を神経が受けることで神経が障害されるのです。

神経は圧迫をうけると神経が障害され症状がでます。だれでも一度は経験したことがあると思いますが、正座を長くすると足がしびれて、力が入らなくなり、ジンジンして痛みがでてきます。これは一時的に神経が圧迫されたときの症状です。このような症状が親指、人差し指、中指、薬指の親指側に見られます。

これらの症状は朝、目を覚ました時に強く、ひどい時は夜間睡眠中に痛みやしびれで目が覚めます。手を振ったり、指の運動をすると楽になることもあります。進行すると親指の付け根の筋肉がやせてきて、細かい作業が困難になります。

原因

手の使いすぎ、妊娠や出産、骨折や腫瘍によるトンネルの圧迫、血液透析によるアミロイドという物質の沈着などが原因となることがありますが原因がはっきりしないことも少なくありません。中年以降の女性に多く起こります。

検査

手首の手のひら側をたたくと、痛みが指先にひびいてきます。手首を手のひら側に最大に曲げるとしびれや痛みが増強する手関節屈曲テストが陽性になります。電気を用いた検査で、神経を電気で刺激してから筋肉が反応するまでの時間を計測し病気の進行度を判定します。首の病気による神経の圧迫や、糖尿病神経障害、手指の他の腱鞘炎(けんしょうえん)との鑑別が必要です。

治療

症状の軽いものは自然軽快することもあります。しびれや痛みが軽症~中等症の場合は、手首を安静に保つための装具を使用したり、ステロイド薬の注射を行います。内服薬では消炎鎮痛薬やビタミンB剤を使用します。

これらの保存療法が効かない場合や、筋肉にやせ細りがある場合は手術を行います。手術方法は手のひらに2cm程の切開を加え靭帯を切ってトンネルを開き神経の圧迫を取り除きます。その後、圧迫された神経は回復するための時間が必要になります。このため手術直後から症状がすべて治っているわけではありません。神経のダメージが強いと完全に症状が回復しないこともあります。また手のひらの傷は硬くなりやすいのでしばらくはあたると痛みがありますが徐々にやわらかくなってきます。

文:吉本 栄治

当院は手の外科研修施設です。手の外科研修施設とは、日本手の外科学会の定める手の外科手術数、手の外科専門医の勤務等の要件を満たした医療機関の申請に基づき認定された施設を指します。