深部静脈血栓症

深部静脈血栓症

血栓とは血管の中にできる血のかたまりのことです。
血管には動脈と静脈があります。主に血栓症として知られているものは、動脈が詰まることにより起こるもので、つまった動脈よりさきの血流が悪くなり障害を起こすものです。

深部静脈血栓症は、比較的深いところの小さな静脈にできた血栓が次第に大きくなり、血管からはがれ血流にのって心臓を通り、肺の動脈につまってしまった状態を肺血栓塞栓症(肺梗塞)といいます。