股関節の疾患

変形性股関節症

関節の表面にはツルツルの軟骨があり、それによって関節は滑らかに動くことができます。ところが、何らかの原因で徐々に軟骨がすり減ってくると、関節が滑らかに動くことができなくなり、痛みを生じるようになります。これが、変形性股関節症のはじまりです。

大腿骨近位部骨折

大腿骨近位部には、ボールの形をした大腿骨頭と少しくびれた大腿骨頸部と大きく張り出して筋肉の付着部となる大腿骨転子部があります。皆さんの身体の中では足の付け根、股関節にあたる部分です。

ほとんどの股関節骨折は、大腿骨頸部または大腿骨転子部(転子下)で発生します。この骨折は50歳以下では男女とも10万人当り10以下で発生はごく少ないのですが、60歳以上で徐々に増加し、70歳以降になると急増します。