腰の疾患

腰椎椎間板ヘルニア

腰の骨と骨の間には椎間板という軟骨があります。椎間板はクッションであり、さらに腰の骨同士を連結してなめらかに動かす働きを持っています。椎間板中に髄核という比較的柔らかい組織があり、その髄核がはみ出てとび出して来ることを腰椎椎間板ヘルニアといいます。

このヘルニアにより神経が圧迫され刺激を受けると神経が炎症を起こして腫れあがり、症状(主に腰痛、下肢痛)を来たします。

腰部脊柱管狭窄症

一言でいえば、背骨の中の神経の通り道がせまくなって、神経が圧迫され腰痛やしびれなどの症状が起きる状態です。腰部の脊柱管が狭くなる原因は、生まれつき脊柱管が狭いことが深く関係しています。

しかし、先天的に脊柱管が狭くても必ずしも狭窄症になるとは限りません。こうした先天的な要因に加えて、加齢による背骨や椎間板の変化、特にすべり症などが加わると脊柱管狭窄症が生じてきます。