腰椎椎間板ヘルニアとは

椎間板とは、神経(脊髄)の前方(おなか側)にあるクッション成分で、周囲の比較的硬い組織である「線維輪」とその中身の軟らかい組織である「髄核」に分けられます。椎間板ヘルニアとは、重たい物を持つなどの外力により線維輪に亀裂が入り、そこから髄核が線維輪の外に飛び出すことを言い、飛び出した髄核が神経を圧迫することにより下肢痛を生じるのです。

また、腰椎椎間板ヘルニアは若年者に多いイメージがありますが、高齢者でも生じることがあり、中高齢者に多い疾患である腰部脊柱管狭窄症に合併することもあります。例えば、もともと下肢のしびれがあったが、ある時期から突然痛みに変わった、という経過であれば、狭窄症にヘルニアを合併している可能性があります。

代表的な症例

腰痛と下肢痛(一般的にいう坐骨神経痛)がよくみられる症状です。

特に、
• ある日またはある時期から「突然」痛くなった!
•「常時」しびれや痛みがある!
•「重心をかけると」痛みやしびれがひどくなる!
などの特徴があれば、腰椎椎間板ヘルニアである可能性が高いです。

また稀ですが、下肢の麻痺(足首をそらせないなど)や膀胱直腸障害(尿意を感じない、頑固な便秘など)を生じる場合もあります。

検査と診断

問診と診察が非常に重要です。先に記載した通り、問診で「突然」や「常時」「重心をかけると」などのキーワードが出てくれば、腰椎椎間板ヘルニアを積極的に疑います。

診察では、筋力(力比べ)、触覚(筆で触って鈍くないか)、反射(ハンマーで叩いて)を調べます。筋力や触覚は自覚症状がなくても診察で明らかになる場合があり、それが診断の一助になります。

また、「tension sign(テンションサイン)」と言われる、膝を伸ばした状態で下肢を持ち上げようとすると電撃痛が下肢に走る症状を確認します。それが出れば、ヘルニアである可能性が高くなります。

以上の問診、診察を踏まえてMRIを撮影します。MRIでは、椎間板の変性(傷んでいる程度)、ヘルニアの有無と部位、神経の状態を確認でき、問診、診察と画像が一致すれば確定診断になります。また稀ですが、「外側ヘルニア」と言われる特殊な部位にヘルニアが突出していることがあり、それもMRIで診断することができます。

ヘルニアが小さくMRIで診断がつきにくい場合や、MRIで外側ヘルニアを疑う場合は、脊髄造影検査や椎間板造影検査を行い、診断を確定することもできます。

治療法

まず、原則として椎間板ヘルニアはその多くが退縮すると言われています。要はその退縮するまでの期間、症状をいかに取るかということが治療の目標になります。

1.保存治療

保存的な治療としては、安静やコルセット、内服薬、ブロック注射などがあり、特に内服薬は、神経痛に対する薬が近年発売され、その効果は上昇しています。内服薬でも効果が乏しい場合に、仙骨裂孔ブロックや神経根ブロックなどの注射を行います。

2.手術治療

脊椎疾患は原因を検索・追究することが非常に重要です。問診、診察を丁寧に行い、画像所見との適合性を踏まえ、診断を確定するように心がけています。

日常での対策

まず、原則として椎間板ヘルニアはその多くが退縮すると言われています。要はその退縮するまでの期間、症状をいかに取るかということが治療の目標になります。

文:富永 冬樹

 

Q&A

Q 最近、腰が痛かったり、お尻から太ももの後ろや、ふくらはぎから足にかけてしびれと痛みがあります。なんの痛みでしょうか?

A 坐骨神経痛の可能性が高いです。坐骨神経という名前の神経が腰やお尻に始まり、太ももとふくらはぎを通り足に至ります。
その神経が何らかの原因で刺激を受けると、その神経に沿って痛みやしびれを感じるようになります。これが坐骨神経痛です。

神経走行部位のどこに病変があっても痛みの原因になりますが、神経の出てくる腰部にあることが一般的です。腰では変形した骨やとび出した軟骨によって神経が圧迫されます。

Q よくヘルニアと聞くのですが、ヘルニアってなんですか?

A 一般にものが飛び出ることをヘルニアといいます。赤ん坊のでべそも臍ヘルニアといいますし、脱腸も鼡径ヘルニアといいます。

腰の骨と骨の間には椎間板という軟骨があります。椎間板はクッションであり、さらに腰の骨同士を連結してなめらかに動かす働きを持っています。椎間板は層状構造を持っており、中に髄核という比較的柔らかい組織がありその周囲を何重もの線維で取り囲むようになっています。

この線維が切れると中から髄核がはみ出てとび出してきます。これを腰椎椎間板ヘルニアといいます。このヘルニアにより神経が圧迫され刺激を受けると神経が炎症を起こして腫れあがり、症状を来たします。

Q どのようにしてヘルニアの診断をするのでしょうか?

A まずは痛みの範囲や発生時期をお聞きします。そして、筋力・知覚・反射などを調べます。神経のダメージの程度が大きいと痛みやしびれだけではなく、筋力の低下や知覚の麻痺を起こすことがあります。

通常のヘルニアではダメージを受ける神経はほとんど1本なので、麻痺する筋肉も限られており、片足が全く動かないとか、両足ともに麻痺してしまうことはまずありませんが、注意は必要です。よって詳しい診察は診断の重要な部分を占めます。

さらに画像診断としてレントゲン写真も撮ります。基本的にヘルニアは軟骨ですのでレントゲンには写りませんが、ヘルニアが出ている椎間板は弾力性を失い潰れていることもありますので、腰の骨と骨の間の空間が狭くなっている所見を認めることがしばしばあります。

診断にはMRIという検査が威力を発揮します。MRIとは磁石の力で画像を作る検査器械であり、靱帯・軟骨・神経など今までレントゲンでは写らなかった組織が観察できます。

Q もしヘルニアだったら手術をしないと治らないのですか?

A 必ずしもそうとは限りません。手術をはじめからおすすめするのは特殊な場合だけです。

基本的にはヘルニアの治療は患者さんの痛みの程度に応じたものとなります。ようするに、痛みが軽かったり消失すれば、MRIでヘルニアを認めてもそのまま経過観察で良い場合もあるということです。

症状は神経が腫れているために起こりますので、神経の炎症を抑えることを中心に行います。まずは外来で痛みと炎症を抑える薬を投与します。リハビリでの牽引やコルセットによりからだの動きを制限することで、神経の炎症を抑えることができます。

Q 薬や牽引でとび出しているヘルニアが引っ込むのですか?

A 残念ながら出ているものは引っ込みません。正常な神経は腰の動きに伴い自由に動きます。しかし、ヘルニアで圧迫を受けている神経の動きは制限されていて、腰を曲げたり伸ばしたりするときに神経が緊張して炎症を助長します。

牽引は一定の時間の間、腰を引っ張ることで神経がゆるみ炎症が軽くなることを目的とします。同様にコルセットを装着することでからだの曲げ伸ばしを制限し、神経に緊張が加わらないようにして炎症を抑えていきます。薬もヘルニアを溶かしたり引っ込めるためではなく、神経の炎症を抑えるのが目的です。

Q とび出したヘルニアを取らないと根本的な治療にはならないのではないですか?

A 多くの椎間板ヘルニアは薬やブロックなどの保存療法で治療可能です。画像上椎間板ヘルニアがあっても症状がなければ積極的な治療の対象にはなりません。また、とび出したヘルニアが徐々に縮小し消失することもあります。

Q 薬や牽引などで治らない場合はどうしますか?

A 薬を飲んだり安静にしたりして1~2週間くらい様子を見ますが、それでも症状が治まらない場合は外来で炎症を抑える薬のブロック注射をします。直接炎症を起こして痛みの原因となっている神経に注射をする神経根ブロックと、腰の神経全体に浸潤するように注射をする硬膜外ブロックがあります。

Q ブロックをすれば治るのですか?何回ぐらいブロックが必要ですか?

A ブロックでの痛みのとれかたには個人差があります。一般的には、一旦は注射により症状がほぼ消失し、3日から1週間で痛みが再発してきます。

しかし、再発した痛みはブロック以前ほどではなく半分くらいになっています。この時点で再度ブロックをします。1週間ぐらい間をあけて3回程度繰り返すことが多いです。もちろん、1回のブロックで痛みがだいぶん軽くなれば複数回のブロックを必要としないこともあります。

Q ブロックが効かないこともありますか?

A 患者さんの中にはブロックの直後は痛みが消失しても、ブロック効果の持続が無く翌日にはブロック前と同じ程度の痛みが再発することもあります。このような患者さんには外来でのブロックはあまり効果が無く、入院を必要とする場合があります。

Q 入院治療とはどのようなことをするのですか?

A 入院治療の最大のメリットは安静がとれるということです。その上で牽引や投薬、さらにはブロックをします。細いチューブを注射針をとおして神経の近くに挿入し、24時間炎症・痛み止めの薬を注入する持続硬膜外ブロックをすることもあります。入院は3週間ぐらいが目安となります。

Q 入院してさらに検査がありますか?

A ヘルニアの患者さん全員がするわけではありませんが、入院を必要とする検査に脊髄腔造影(ミエログラフィー)があります。これは、神経が入った袋の中に造影剤というレントゲンに写る薬を注入し、神経の圧迫の程度やヘルニアの部位を観察します。合併症としては、まれに頭痛を起こすことがありますが投薬や点滴ですぐ治ります。

Q 手術はどんなときにするのですか?

A 神経のダメージがひどく筋肉が麻痺して動かなくなっている場合や、尿が出にくくなった場合には緊急に手術を必要とします。

そのほかには、今まで説明したような治療をしても痛みが取れず、日常生活や仕事に差し支える場合に手術をすることが一番多いです。入院治療で一旦軽快しても、早期に痛みが再発した場合は手術の対象になります。患者さんの中にはあまり仕事の休みが取れないので、治療期間を短縮するために初めから手術を希望される方もいらっしゃいます。

Q どのような手術をするのですか?

A 手術は全身麻酔で背中から手術を行います。一部骨を削って、神経をよけて後ろからヘルニアを摘出します。

Q 骨を削っても大丈夫なのですか?

A 腰の骨は前方の椎間板と後方の右と左にある椎間関節で支えられています。後方の関節を壊さない程度のごく少量しか骨は削りませんので、悪影響はありません。

Q 神経をよけるのは大丈夫ですか?

A 当院では精密な手術用の顕微鏡を導入しています。これにより、視野が大変良くなり、神経や細い血管などが良好に見えます。神経を避ける操作なども安全に行えます。

Q 手術の後はしばらくベッド上で寝たきりになるのですか?

A いいえ。手術後数日で座れますし、1週間以内に歩けます。患者さんができる範囲で動くことをおすすめしています。1週間で抜糸しますので、その後はシャワーを使うことも許可しています。

Q リハビリに長くかかりますか?

A 1週目くらいから足腰の運動を始めるようにしています。通常は術後2~3週間で退院可能です。ただし、麻痺がある患者さんは、リハビリのために入院を続けていただく場合もあります。

Q 入院費用はどのくらいかかりますか?

A 手術を受けて3週間入院した場合は社会保険・本人(自己負担2割)で約17万円です。手術をせずに保存的治療で3週間入院の場合は約12万円です。

Q 手術すれば完全に良くなるのですか?

A 現在の症状の8割ほどの改善が当面の目標です。痛みがあった部分がしびれに変わったり、ときに瞬間的な軽い痛みがあったりする事はあります。

それというのも手術で神経の圧迫を取ることはできるのですが、ヘルニアによる圧迫のため生じていた神経のダメージに関しては、自然回復を待たなければいけないからです。残った痛みやしびれは徐々に消失し、日常生活の中で気にならなくなる患者さんが大多数です。

また、術前に麻痺があった時も術後にリハビリを続けることで徐々に回復しますが、術前の麻痺の程度が高度であった場合、たとえば動きが全然無くなっていたような時、手術をしても回復しない例もあります。

Q またヘルニアが出てくることはありますか?

A ヘルニアの再発は約5%で起こります。手術をしたところと同じ部位からの再発と別の椎間板からの再発があります。残念ながら、再発を完全に予防することはできません。

手術後に重要なことは、何らかの症状があった場合に早めに主治医の診察を受け、指示を受けることだと考えております。あまり問題がなければそのまま様子をみますし、もちろん必要があればMRIなどの検査や投薬やブロックもいたします。

Q どれぐらいしたら仕事ができますか?

A 事務職や軽作業であれば約3週間で退院して1週間程度の自宅療養の後に職場に復帰するのが一般的です。肉体労働は3ヶ月近く療養した方が好ましいようです。個人差がありますので、まずは主治医に相談してみてください。

Q いつ頃からスポーツはできますか?

A 術後3ヶ月を一つの目安としています。スポーツの種類により差がありますので、主治医に相談してみてください。

Q  コルセットはいつまで必要ですか?

A ヘルニア摘出術後は6~8週間の装着が必要です。その後は、患者さん自身の判断で使用することをおすすめしています。すなわち、腰の不調を感じたときや長時間ドライブや作業・スポーツに備えて装着するのは良いと思います。ただし、漫然と常時の装着を継続することは腹筋や背筋の筋力の低下につながり好ましくありません。

文:徳永 真巳