頚椎椎間板ヘルニアとは

代表的な症状

頚椎椎間板ヘルニアによって神経が圧迫されると、手足の痛みやしびれなどのさまざまな症状が出てきます。代表的な症状は首の痛みやこりです。ヘルニアの脱出により、神経根で圧迫を受けているのか(神経根症)、神経が脊髄で圧迫を受けているのか(脊髄症)、によって現れる症状は異なります。

神経根症に特徴的な症状

神経根が圧迫されると、主に後頚部から肩、手指にかけての痛み・しびれが現れます。この痛み・しびれは通常片側に現れます。うがい・缶飲料の飲み干し・美容院での洗髪などの頚部をそらす(後屈)ようにすると症状が強くなるのが特徴で、これは神経根の圧迫がますます増強されるためです。

脊髄症に特徴的な症状

脊髄が圧迫されているようなら、手のしびれが現れます。手のしびれは片側だけの時もありますが、次第に反対側にも現れることもあります。手指の細かな運動がしづらく、箸使い・書字・衣服のボタンのとめはずしが難しくなります。

やがて脚にも症状が出て、脚がこわばって歩きにくくなる、いわゆる「痙性(けいせい)歩行」が現れます。階段の昇降に手すりが必要になり、脚のこわばりのため、とくに階段を降りにくくなることが多いようです。

どんな病気か

頚椎は背骨のうちで首の部分を構成する骨で、7つの椎骨(ついこつ)からなります。第2~7頚椎までは、それぞれの間に椎間板が挟まっています。椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのようなはたらきをします。その構造は、中心部に髄核(ずいかく)と呼ばれるゲル状の物質があり、それを取り囲むように線維輪と呼ばれる丈夫な組織があります。

頚椎椎間板ヘルニアは、この椎間板の線維輪に亀裂が入り、そのなかの髄核が飛び出して神経を圧迫し、さまざまな神経症状が現れます。椎間板の年齢的な変化(変性)が基盤にありますが、それに頚椎への運動負荷が加わることによって起こります。このために頚椎椎間板の変性がある程度すすみ、なおかつ頚椎への運動負荷の多い中高年齢層が好発年齢になります。

検査と診断

神経所見の検査に加えて、通常、X線検査・MRI・CTなどの検査で診断を行います。とくに磁気を用いたMRIでは、ヘルニアの存在や脊髄の圧迫の状態も判断可能であり、最も有用です。画像上、無症状のヘルニアもあるため、最終的に身体所見と画像所見が一致した場合に診断が確定されます。

治療法

「神経根症」であれば、まず保存療法を行うのが原則です。神経根の圧迫では、急性期に保存治療を行えば手術になることは少なく、約3カ月の保存治療で約85~90%の人は良くなると言われています。

「脊髄症」であれば、保存療法が無効なことが多く、手術が必要になることがあります。保存治療では、まず頚部の安静を保ち、必要によっては頚椎カラーを装用します。

薬物療法では、非ステロイド性消炎鎮痛薬、筋弛緩(しかん)薬などが投与されます。血行を促進し筋肉のこりや痛みを軽減するために温熱療法や頚椎牽引も行われます。その他の治療法として、神経ブロックがあります。これは局所麻酔薬を神経周囲に注射するもので、痛みの強い場合に有効です。

これらの治療でも症状が改善しない場合は手術を考える必要があります。手術では、神経を圧迫している原因になっているヘルニアを除去します。通常は頚椎の前方からヘルニアを除去するので、椎間板が部分的になくなります。その空洞になった部分は骨を移植して固定します。移植骨は腸骨(骨盤の骨でベルトのかかる部分)から採取します(頚椎前方固定術)。

日常の対策

頚椎の伸展(後屈)が圧迫を強め、疼痛の増悪や改善の遅れを来たします。そのため伸展動作は、意識的に避ける必要があります。また、枕に使用についても、神経の圧迫を弱めるために、枕は一般的に高めが良く、少なくとも低めの枕の使用は控えるべきです。

文:碇 博哉