頚椎症とは

代表的な症状

主に3つに大きく分けられます。
①首・肩甲骨付近の痛みや肩こりなどの症状が出ますが、手のしびれはありません。(局所症状)
②主に片方の首~肩~腕~手の痛み・しびれが生じます。上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることもあります。(神経根症)
③両方の手足がしびれたり、動きが悪くなったりします。ボタンのはめ外し、お箸の使用、字を書くことなどが難しくなったり、歩行で脚がもつれるような感じや階段で手すりを持つようになったりという症状が出ます。(脊髄症)

どんな病気か

背骨をつなぎ、クッションの役割をしている椎間板は、20歳過ぎから変性(老化現象)が始まると言われます。この変性が進むと椎間板にひびが入ったり、徐々に潰れてくるなどの変化を来たします。

それに伴い、頸椎の椎体骨の骨棘(とげ状の突起)が生じたり、その他に靭帯(じんたい)の石灰化・骨化などによって、脊髄や神経が圧迫されます。その圧迫の部位・状態によって、大きく二つに分けて治療していきます。

頚椎症性神経根症

脊髄から分かれて上肢へ行く神経が圧迫されたり刺激されたりして起こる疾患

頚椎症性脊髄症

頚椎の脊柱管(骨の孔)の中にある脊髄が圧迫されて起こる疾患

検査と診断

腕や手のしびれ・痛みがあり、頚椎を後方へそらせると症状が増強し、四肢の反射の亢進などの診察所見があります。画像所見では、X線(レントゲン)で頚椎症性変化を認め、MRIで脊髄や神経根の圧迫を認めることで診断します。

中年以降ではX線での頚椎症性変化はほとんどの人に見られますし、MRIでの脊髄圧迫所見も症状がない場合でも見られますので、検査所見だけで診断することはできません。また、神経内科の病気と症状の一部がよく似ている場合がありますので、注意が必要です。

治療法

神経根症は、基本的には自然治癒する疾患です。症状が出ないように頚椎を後方へそらせないようにし、適切な方向への頚椎牽引や症状が強いときには消炎鎮痛薬の投薬などを行います。

治るまでには数か月以上かかることも少なくなく、激痛の時期が終われば気長に治療します。筋力低下が著しい場合や、強い痛みで仕事や日常生活が障害されている場合は、手術的治療を行う場合もあります。

脊髄症では、転倒などの軽度の外傷で四肢麻痺(脊髄損傷)になる可能性が存在しますので、転倒しないように注意します。一般的に日常生活に支障があるような手指の運動障害が見られたり、階段昇降に手すりが必要となれば、手術的治療が選択されます。

日常の対策

頚椎の伸展(後屈)が圧迫を強め、疼痛の増悪や改善の遅れを来たします。そのため伸展動作は、意識的に避ける必要があります。

うがい・缶飲料の飲み干し・美容院での洗髪、パソコンの画面で頚をそらせて見ていることなどが原因となることがあります。枕の使用についても、神経の圧迫を弱めるために、枕は一般的に高めが良く、少なくとも低めの枕の使用は控えるべきです。

文:碇 博哉