リハビリテーション科

リハビリテーション科

施設基準 連動器リハビリテーション(I)

スタッフ PT:19名、OT:3名、受付・助手:2名

当院リハビリテーション室では、神経、筋、関節疾患を対象とした運動器リハビリテーションを行っています。
人工関節置換術、靭帯再建術、骨接合術、腱板修復術などの術後や、脊椎管狭窄症、脊椎圧迫骨折、その他外傷、関節疾患等の患者さまに対して理学療法、作業療法を行っています。

人工関節置換術や大腿骨頸部骨折の手術を受けられた方や、保存療法の方で症状が安定した後もリハビリテーションや在宅支援が必要な方は在宅復帰に向けての治療継続を目的として地域包括ケア病棟に転棟していただきます。
転棟後は積極的に筋力増強運動や応用歩行訓練を行い、退院後の生活が安全に行えるようにひとりひとりの日常生活や余暇活動に合わせて和室での床上動作訓練、浴室ユニットでの入浴動作訓練、洗面・キッチンユニットでの家事動作訓練なども行います。
また、福祉用具などの紹介や必要に応じて医療福祉相談員と供にご自宅を訪問させていただき、手すりなどの設置や住宅改修のアドバイスも行います。

一人ひとりが笑顔で生活して頂けるよう、患者さまと供にスタッフ一同、一日でも早い復帰をめざしています。

リハビリ1
リハビリ2



他の部門情報を見る