高度専門医療

福岡整形外科病院は、PRP療法、自家培養軟骨移植術などの新たな治療法を順次導入し、高度かつ専門的な医療を提供しています。

PRP療法

スポーツ整形外科

当院では、2018年9月よりPRP(多血小板血漿)療法を開始しております。PRP療法とは、ご自身の血液から成長因子や細胞を抽出し、患部に直接投与することで、炎症の抑制と治癒が期待できる治療法です。

PRPとは?

血液の中には、傷を治す働きを持つ「血小板」という成分があります。この血小板を高濃度に凝縮し活性化させたものが、PRP:Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿)です。PRPにはたくさんの成長因子が含まれていて、細胞の成長を促進する力があります。

当院が使用するPRPは、高濃度の白血球を含むL-PRP(Leucocyte-PRP)です。この力が、人の本来持っている治癒能力や組織修復能力・再生能力を最大限に引き出し、傷んだ関節軟骨・靭などの治癒を促すとされています。

PRP治療について

患者さんご自身の血液から作成したPRPを患部に注射する治療です。PRP作成には、医療機器として治療に使用すること(安全性)が厚生労働省に認められた医療機器を使用します。

PRPキット

1. GPS®III STD JPキット ㈱ジンマー バイオメット

「GPS III システム」で分離されるのは、PRPに加えて白血球も多く含むL-PRP(高白血球多血小板血漿)です。白血球は創傷治癒プロセスに複雑に関与しており、組織の治癒に重要な役割を果たしています。

2. APSキット ㈱ジンマー バイオメット

APSは次世代のPRPと言われており、自己タンパク質溶液(Autologous Protein Solution)の略称で患者さんご自身の血液から抗炎症性サイトカインと成長因子を高濃度抽出した溶液です。悪い蛋白質が過剰に存在する関節内に、良いタンパク質が豊富なAPSを注射し、炎症バランスを改善することで痛みを軽くし、軟骨の変性や破壊を抑えようとする治療です。

費用について

保険外診療となります。詳しくは受付までご相談ください。

治療の流れ

1. 血液採取

患者さんの血液を治療に適した量だけ採り、専用のキットへ移します。

2. PRP作成

血液を特殊な遠心機で数回遠心してPRPを作成します。

3. PRP注射

PRPを注射器で膝に注射します。

対象疾患

 

自家培養軟骨移植術

自家培養軟骨移植術とは

膝や肘などの関節の骨の表面を覆っている軟骨は、関節の動きを滑らかにする役割を担っており、ケガなどで軟骨が失われた場合、歩行困難なほどの痛みを生じることがあります。

なお、軟骨組織には元々血管がなく、それを治すための細胞も細胞を増やすための栄養も供給されないため、一度損傷を受けると自然には治らない組織とされています。

自然治癒が望めない軟骨組織ですが、軟骨細胞には増殖する能力があります。そこで、患者さまの軟骨組織の一部を採取し、軟骨細胞を増殖させる環境で培養した「自家培養軟骨」を、軟骨の欠損した箇所に移植して修復を行うのが「自家培養軟骨移植術」です。

対象疾患について

自家培養軟骨移植術において、日本の公的医療保険の対象となっているのは、「外傷性軟骨欠損症」または「離断性骨軟骨炎」の患者さまで、欠けた軟骨の面積が4㎠以上になります。適応対象外の部位(ひざ以外)の治療には残念ながら使うことはできません。

変形性膝関節症は対象外となり自家培養軟骨による治療は受けることができません。まずは主治医へご相談ください。

自家培養軟骨移植術のスケジュール

費用について

保険適用となります。詳しくは受付までご相談ください。

治療の流れ

ご自身の軟骨組織を少量採取します。(関節鏡での手術)

アテロコラーゲン(コラーゲンの一種)と混ぜて培養し、自家培養軟骨を作成します。

自家培養軟骨を軟骨が欠けたところに移植します。

移植した自家培養軟骨が外れないように脛骨から取った「骨膜」でフタをして縫合します。