ドゥケルバン腱鞘炎

ドゥケルバン腱鞘炎とは?

ドゥケルバン腱鞘炎とは、1895年にスイスの外科医de Quervainが最初に報告した病気で、母指の手関節(手首)あたりに痛みや腫れが出てきて、腱の部分がスムーズに動かせなくなる病気です(図1)。

手を握ったり、指を曲げ伸ばしする動作の際に必要な腱鞘ですが、力のかかり過ぎや手指の使い過ぎによって、炎症を起こします。

原因としては、妊娠時や産後、更年期などの女性の場合にはホルモンバランスの変化、スポーツや仕事(物書きや事務作業など)で日頃から頻繁に手を使って作業すること、近年ではスマホやパソコンの使い過ぎなどが言われています。

親指(母指)を広げると、手首(手関節)の母指側に2本の腱が皮下に浮かび上がってきます。この2本の腱は、「短母指伸筋腱」と「長母指外転筋腱」と呼ばれるもので、短母指伸筋腱は主に母指を伸ばすのに働き、長母指外転筋腱は、主に母指を広げる動きを担っています。

ドゥケルバン腱鞘炎の症状

この2つの腱が、手関節の背側を通るトンネルのような部分(第1コンパートメントと言います)に、手指の使い過ぎなどの原因によって、炎症が起こることで発症します(図2)。

母指の使い過ぎなどの負荷によって、炎症が生じて腱鞘が厚くなったり、腱の表面が傷んだりすることで、それがさらに刺激となって炎症が悪化すると考えられています。特に第1コンパートメントには隔壁と呼ばれるさらに小さな区分けが存在するため、狭窄が生じやすいとされています。

母指の使い過ぎなどの負荷によって、炎症が生じて腱鞘が厚くなったり、腱の表面が傷んだりすることで、それがさらに刺激となって炎症が悪化すると考えられています。特に第1コンパートメントには隔壁と呼ばれるさらに小さな区分けが存在するため、狭窄が生じやすいとされています。

ドゥケルバン腱鞘炎の原因

症状

代表的な症状は以下のとおりです。

親指(母指)の付け根が痛くて、包丁やフライパンが握れない
赤ちゃんを抱っこしたり、授乳する時に手首が痛い
パソコンの打ち込み作業の時に、親指(母指)が痛い
車のハンドルを握ると痛みが走る
親指(母指)が痛くて、ペットボトルや瓶のふたが開けられない

診断と検査

手関節の母指側に痛みや腫れがあり、時には前腕や母指へ痛みが拡散することもあります。また、痛い部分を押さえると痛みが強くなったり、熱感や発赤があることもしばしば見られます。

診断法としては、母指を握りこんで小指側に曲げることで痛みが 一層強くなることや(フィンケルシュタインテストと言います、図3)、 抵抗を加えながら母指の根本を伸ばす動作をすることで、痛みを感じることなどがあります。

X線検査では正常であることが多いですが、時に痛い部分の骨(橈骨)が薄く(弱く)なったりすることも見られます。

フィンケルシュタインテスト

治療法

1.保存療法

まず保存治療を行います。手指の使い過ぎによる腱鞘炎なので、手の安静が必要です。

痛みが出ている部分の負担を減らすように意識することや、場合によっては、副木や装具(サポーター)などを使って動きを制限します。また、炎症を引かせるために消炎鎮痛剤の内服や、湿布などの貼り薬、塗り薬などを用いることもあります。

痛みが強い場合は、ステロイドの腱鞘内注射を行うこともあります。直接的に痛い部分へ注射をしますので、効果は期待できますが、繰り返し注射することで、腱の断裂や皮膚が薄くなるなどの合併症もあります。短期間で注射を繰り返し打つことは注意が必要です。

保存療法での治療

ドゥケルバン腱鞘炎の治療

腱鞘内に局麻剤入りステロイド注射をして、炎症、痛み、腫れを押さえます。

2.手術治療

上記のような保存治療を行っても症状が改善しない場合には、手術治療を行います。

手術は通常、局所麻酔による日帰り手術で行い、手術時間は10~15分程度です。手術内容は、痛みのある部分である手関節背側の第1コンパートメントを切開して、腱の狭窄を取り除き開放します。合併症としては、近くを通る知覚神経が損傷され、術後にしびれが残ることがあります。

手術治療での治療

ドゥケルバン腱鞘炎の治療

腱鞘を切離し、腱を開放します。

イラスト:日本手の外科学会転載

最後に

スマホの流行により、ドゥケルバン腱鞘炎になる人が最近増加していると言われています。母指を使わずに生活することはほぼできませんが、なるべく意識して休ませること、保存治療での効果には多少時間がかかること、いったん良くなっても、使うことにより再発することがある、などがこの病気の特徴です。母指の痛みがある場合は、この病気の可能性を考えて、一度ご相談下さい。

文:松田 秀策